公認会計士講座とは

公認会計士になるためには5年ほどかかるともいわれています。これは、公認会計士試験に合格するための勉強が2年ほど必要で、一次試験と二次試験に合格した後、実務補習や業務の補助あるいは実務を2年こなさなければならず、その後の三次試験を経て合格することで、ようやく公認会計士の資格を保留することができるのです。

学校その中で筆記試験では、必ず受験しなければいけないのが会計学と監査論、企業法と租税法の4科目でもう一科目、経営学・経済学・民放・統計学の中から1科目を選択して受験しなければなりません。公認会計士となるための一般的なルートは、高校卒業後大学あるいは短大、専門学校やなどで専門的知識を収めることになりますが、さらに会計大学院へと進んだり、ウエブ上にある通信講座などでも、公認会計士の講座を受けることができます。

専門学校や会計大学院あるいは通信講座は、公認会計士に特化したもので、専門の公認会計士講座を受けることで、専門知識を身につけることができます。この中で会計大学院は、大学卒業後進学するため、学費も時間もかなりかかることは当然のことでしょう。短期間で公認会計士となるには、商業系の高校へ行き、その後専門学校へ行くという選択肢もあります。

公認会計士との需要