公認会計士試験

我が国で行われる国家試験の中でも、監査業務が行えるのは、唯一公認会計士だけといえます。公認会計士試験は、日本の公認会計士と監査審査会が毎年実施しているも国家試験で、この職業の必要な学識及び、その応用能力を有するかどうかを判定する試験でもあります。

業務ただし、正確に言えば、公認会計士はこの国家試験に合格しただけではなることはできません。公認会計士となるためには、公認会計士となるための学識を納め、第二段階として現場での業務補助経験が必要となり、2年以上現場での業務経験行った後ようやくこの公認会計士試験を受けることができます。公認会計士試験に合格し、国家試験に合格した時点では、公認会計士に資格を保有しただけにすぎませんが、その後公認会計士名簿に氏名と生年月日、また所属する事務所などを内閣府令で定める事項の登録を行うことで、正式な公認会計士と認められるのです。

公認会計士の受験資格は、特に年齢と性別や学歴に制限はなく、誰でも受験できるものですが、国家試験ですので比較的ハードルは高く、3次試験までありますので、難関とされる司法試験について難しい試験とされている事と、個別に現場経験も必要となってきます。

公認会計士講座とは