公認会計士とは

電卓公認会計士とは、いわば会計をなりわいとする職業のことで、具体的には企業など組織内での経理面などを管理しています。会計の主な仕事は、社内に出入りするお金や物品などの出納を管理し、これらの情報に対する計算や記録なども司っています。会計の仕事は非常に重大で、会社の売り上げを把握することはもちろんのこと、社員の給与計算などもすべて行っており、会計がいなければ会社の業績自体が把握できないということも起こり得ます

また、大きな企業になればなるほど、株主の存在などによって、企業の活動内容やその成果を報告しなくてはなりません。株式会社では、主な資金を投資家から募っていますが、その運用成果と業績は、定期的にこの株主へも報告しなければならないという、説明責任の義務があるのです。公認会計士は、その企業にとって重要な金銭の流れを把握し、管理する職業ですので、どのような小さな会社があっても、必ず必要となってくる仕事といえるでしょう。また公認会計士は、企業の会計監査も行っており、会社の経営者が業務や会計などの虚偽の報告をしないよう、しっかり管理し確認しておかなければなりません。

公認会計士は、経理面全般の業務を行うほか、税務管理業務も行っていきますが、特定の企業に籍を置かず、複数の企業に対してコンサルティング業務を行う会計士もいます。財務諸表監査を行う公認会計士は、企業に所属していても独立した立場から意見を述べることができます。

公認会計士試験